合宿後の充実した日々

合宿後も充実した日々が続きました。

★C社、理念研修1年後

先週、理念研修を1年実施した企業で満足度調査をさせていただきました。
満足度は94.7%となりました。

「人生観を変える大きな気づきが得られました」
「すごくいい体験」
「とてもためになりました」
「日頃気づけないみんなの想いなどが分かってとてもよかった」
「こんな素晴らしい学びの機会を用意してくれて本当に感謝します」

皆さんの表情が本当によくなって、滞在しているときがとても気持ちのよい会社になってきました。
『良い会社』の2割には確実にランクインしてきたと思います。
今後は『大切にしたい会社』になるためのチャレンジです。

★F社、精神障がい者就労訓練成果発表会

数か月の就労体験をしてきた精神障がい者12名の成果発表会に参加しました。一人ひとりがプレゼンをしましたが障がい者の余りの戦力ぶりにたまげてしまいました。しかもこのプログラムをこの会社に雇用されている障がい者2名がコーディネートしてきたと知って再び仰天。

担当者いわく「精神障がい者は人材の宝庫」

心からうなづけました。

★800名が参加したパネルディスカッションでコーディネーター務める

ウィークエンドは愛知で開催された「人を大切にする経営フォーラム」という大きなイベントに出演。
地元の日本でいちばん大切にしたい会社「樹研工業」の松浦元男社長と日本青年会議所の58代会頭安里繁信様をパネラーにコーディネーターを務めさせていただきました。

時間わずか1時間、基調講話10分という、おそらくこの類の企画では、もっとも難しい条件設定の仕事となりました。
中部大学のメインアリーナに集った聴衆者は800人。
熱い館内のステージには、さらに熱線を発するスポットライトが容赦なく浴びせられて・・・

ワイシャツがぐしゃぐしゃになりながら、なんとか切り盛りしました。
バネラーの方々が素晴らしかったので、対立意見、共通項が明確になり、内容は面白かったのではないか思います。

終了後、講演ではけっして感じることのない疲れがどっと出ました。
帰りの新幹線では久々に爆睡・・・でも最高の達成感、充実感でした。

さあ、今週もよき日々をすごそう。

小林秀司

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です