日本文化

日の入りが日一日と速くなり、少し前までは19時ころは
まだ明るさを残しておりましたが、今はもう薄暗くなって
います。

日の短さとともに「寒くなる時期も近い」と感じ少々憂鬱に
なるのは私だけでないと思います。

先日九州合宿に坂本ゼミで出かけた話はこのブログでも
何度か取り上げられていましたのでご承知かと思います。

今回はそこでヒントをいただき一歩前に進んだことをご報告
いたします。

鹿児島の天文館商店街にお伺いしお話をいただきました。
商店街活性化のために年間100以上のイベントを実施した
ことをお伺いしました。

そのイベント内容はゆかた祭り、大忘年会など様々でした。

私の心に残ったことは「雅楽」でした。
夕暮れをバックに雅楽の鑑賞したとお話しされました。
そんな大がかりなことができるのか  とうらやましく思いました。

私もやってみたい。
地域で衰退しつつある郷土芸能を知らしめる機会を設けたいと
思い少々離れてはいるが郷土芸能研究会を持っている高校の先生
にお話ししました。

最初は興味なさそうでしたが、次第に地元のためにと考えていただける
様になりました。
先生自らご父兄様、地元の文化財を守る方々にもお話しをいただき
参加者は高校生だけでなく、小学生も参加くださるようになりました

10月13日の19時より「地元文化 舞」をテーマに開催するが決定
しました。

一人でも多くの人に古き良き時代を楽しんでいただきたいと思っています
今からすごーく楽しみです
平松

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です