どんな状況でも前向きに!

おはようございます。佐藤浩司です。

今日は、母の49日です。

お墓を掃除したり、親戚や線香を上げに
来ていただいた方に感謝のお礼を致しました。

葬式のとき喪主をつとめて思いましたが、
人は人を助けるようにできている・・・。

当たり前のことかもしれませんが、親せきや
地域の方々に助けられている。

人間は、そうなって(経験)みなければ
わからないこともあり、人生、常に学習し
続けるように仕向けられているのかもしれない。

いろんな出来事(病気等含め)は、乗りこえられ、
それは、強みに変えられるのではないかと・・・。

話は、全く変わりますが小生の母は、
入院退院(再生不良性貧血)を繰り返していて、
ラグーナ出版さんの本、「勇気をくれた言葉たち」を
母の生前に読んでもらい、暖かい気持ちに少しでも
なってくれれば痛みもやわらいだのではないか。

そして、温かい言葉を掛けてあげられれば、と、
今となっては残念な気持ちでいっぱいです。

大学院入学を喜んでくれたのは、母です。

恩返しと申しますか親孝行としてできることは、
大学院での活動、そこで学んだ正しいことを
実践し、世の中に必要とされる存在になれた。と
報告できるよう、皆様に知恵をお借りし助け合い
ながら、前進し、卒業までは報告できればと
考えています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です