動物園今昔

 水曜担当の鈴木(良)です。

 3連休の中日の9日(日)、家内、娘と一緒に孫2人(小3、小1)を連れて日本平動物園に出かけました。

 正面入り口は工事中で脇の坂を通りチケット売り場に到着。大人は500円ですが小学生以下は無料でほっとしました。いよいよ動物園へ。還暦を過ぎてもワクワクするのは昔から動物好きのせいか。小3の孫のお目当ては爬虫類館、昨年11月妻と一緒に出かけた上野動物園で見たアナコンダの迫力が忘れられないようです。はじめは孫と一緒でしたが、そのうち集中し始めていつのまにかバラバラに。お目当てのアナコンダが日本平にもいて良かった。

 最も楽しかったのは、白クマ「ロッシー」君のコーナー。やんちゃ盛りのロッシー君が大きな蛇腹の筒を噛んだり、放り投げたり、頭からかぶったり、息をつく暇もないほどのサービスぶりです。圧巻はプールへのジャンプ、アクリル板から見る巨体が水中に飛び込む姿は迫力満点でしばし時の経つのを忘れるくらいです。

 動物園は大きく変化しました。特に猛獣類は遠くから眺めるのが当たり前で、動物たちも昼間はほとんど動かず、ただ見たと言うだけでそこには感動がありませんでした。こうした展示方法に風穴を開けたのが、北海道旭川の旭山動物園です。人も集まらない田舎の動物園が展示方法一つ変えただけで全国から人が集まる一大観光地と化したのです。

 旭山に続けとばかりに各地の動物園は展示スペースの改修を進めました。今から見れば当たり前のことですが、旭山の英断は素晴らしいと思います。本来の動物の姿を出来るだけ自然のままで鑑賞できるよう、色々な角度から見られるよう工夫を凝らしました。また、間近で見られるようアクリル板を使って人間と動物の距離を縮め、臨場感を高めました。

 かっての動物園では体験できなかった事が、今は当たり前のように体験できる世の中になりました。これで子どもの目が肥えてくれたらと思いますが、はたしてどうでしょうか。感動したのは私であり、孫たちにとっては当たり前の世界かもしれません。 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です