記憶の場~谷中のみかどパン店

先日、「ソーシャルキャピタル論」の視察で、谷中・根津・千駄木のいわゆる「谷根千」を散策しました。本当に面白い地域でしたが、懐かしい風景も点在。今日はそのワンシーンを紹介します。

谷中の三叉路にそびえるりっぱなヒマラヤ杉。

このシメントリー的風景が面白い。ちなみに左側の男性は黒田先生、右側では、外国人の方が写真を撮っていました。

その大きなヒマラヤ杉の下で、ひっそりと佇むレトロなお店が「みかどパン店」。昭和を感じさせる懐かしい風景です。地元の子供たちも駄菓子を買いに来ていました。未だに地域の交流の場なんですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です