いいことありました

こんにちは、三橋康司です。

今日は僕にとってとてもたいせつであったことをお話
します。

長い間沈黙を続けていた母親と会話をしました。
実に8年ぶりです。
19歳の時にひとつのきっかけで完全に生活は分離
しました。
そこから自分は一人で生きていくものだというのが
根本となっていたのです。

自分の中ではなにも悪いことをしていないのだから
と決めつけていました。
でも心のどこかでそのことがあったのでしょう。
僕のそばにいた人がそれを教えてくれたのです。

決して忘れません。
母親への言葉、ボロボロになりながら言った言葉
今まで自分勝手でごめんなさい。

そしてもう一言
もう一度、料理を食べたいです。

後悔のない人生を送れそうです。
8年間の空白の分まで親孝行をしたい

そのように感じました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です