年始風景

野口具秋です。

新年明けましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いします。

今年は数10年ぶりに自宅で正月を過ごすことになりました。
NHKの朝ドラ「カーネーション」の舞台の岸和田に実家はあります。
車でも新幹線でも結構つらい旅です。
大阪名物のタコ焼き、お好み焼き、串揚げ、バッテラ寿司、
きつねうどんと思いは残ります。
心斎橋の雑踏は来年以降です。

紅白歌合戦を布団の中で、ラジオで聞く。
睡魔と闘いながらは便利です。
最後まで聞いてしまいましたが。
唄が打ちひしがれる人たちに大きな勇気や元気を与えます。
西田敏行や長渕剛の松島基地で自衛官が涙を流しながら
「トンボ」を「乾杯」を大合唱するのを観て心底思った。
自分でできることで支えあうことの大切を再認識したのです。

長年買い求めてきたお重、塗椀、塗皿、お神酒セット
などを出してきます。
一昔前なら着物に着替えたに違いありません。
ワイフ殿が縁起物の食材を伝統に則り用意してくれます。
綺麗に並べたおせち料理で
「新年あけましておめでとうございます」。
不覚にもお屠蘇で1時間半も寝込んでしまいました。

正月恒例の箱根駅伝は、神宿る5区を4年連続区間新で駆け抜け、
柏原竜二選手は伝説の人になり、昨年21秒差で敗れた悔しさを、
最高記録で征した情け容赦ない東洋大の攻めは紛れない王道です。
もう一つの母校、青学は往路7位から復路5位で飛び込んできました。
昨年と同じゴール前のつばぜり合いは順位通り勝ち抜き、
TVの前で声が出ます。ヨッシャ!ハラハラの2日間です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です