年の瀬

野口具秋です。

思い立ち、自宅の拭き掃除を始めることにします。
当初はベランダ掃除とガラス窓だけでしたがどうにも止まらない。
風呂や台所の食器棚までごしごしこする。
風呂は1時間以上もかける念の入れようです。
行きがかり上、敷居の桟まで拭いてしまいます。
こうなりゃ家具も綺麗にしてしまいました。
帰宅してくるワイフは大喜びでしょう。

「27日に連絡ください」。電話します。「いまからでもいいですよ」と
辻谷政久さんは優しく対応してくれます。
薄暗い町工場は古びていて、
油集と処狭しと、旋盤が、砲丸が置いてあります。
ここから世界一の砲丸が生み出されるのかと
納得と拍子抜けが思い重なる。
国際規格の砲丸はずっしりと重く質感が冷たく掌に伝わります。

夕方から新宿に出掛けます。中学時代の悪友と一杯やるためです。
長い付き合いで半世紀になります。
今日も西口「思いで横丁」です。
50年前もこの横丁は存在していました。
東口に通じるトンネルは暗く小便臭かった。
昭和レトロの世界で口汚く往時の出来の悪さが酒の肴です。
背中がしっかりと寒いのであります。
隣り合わせた席は今日来日した英国人でした。凄い!

下の息子が山形から今年は列車で帰ってきました。
雪が早く市内もすっかり一面の銀世界であるようです。
12月訪れた岩見沢は1米半の雪に埋もれました。
八潮の孫は電池がなかったために
3日間Xマスプレゼントが動かなかった。「電池ないいの…」。
名古屋に秋転勤になった長男から4ツ切の孫写真が送られてきました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です