日本最高の財政家

全国的に雪が降りました。
雪害で悩む地域あり、久し振りの降雪で喜ぶ地域あり、
世の中は如何しても、でこぼこになるようになっているようです。
 今、小生は近代日本を財政手腕で何回か救った人物「高橋是清」に関する
伝記、小説を読んでいます。
 最高の財政家でした。
現代でも通じる理念が述べられ実行してきた方です。
 教育についてもも「学校教育は園芸家が花を咲かす様なものである」。
「生地以外の花は咲かぬ」。牡丹の生地でなければ牡丹の花は咲かない。
如何に園芸に熟達した人でも葱に牡丹の花を咲かす事は出来ぬ。
 これと同様に人間の教育も普通教育の間に学校と家庭と相俟て、
生地の培養を良くして置かなくては立派な人を作り出す事はむつかしい。
等とも述べて居られます。
 翁は子供時代、アメリカで奴隷にされた経験があります。
どん底を体験した人物であり、奇想天外、大人物でした。
高橋是清翁は近代日本における危機の時代の救世主でありました。
 残念ながら今はこのような人物は不在の時代です。
出でよ!! 高橋是清!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。