原稿読み合わせ持久走

日曜日担当の高澤です。

土曜日は研究室で新たに出版を企画している書籍の原稿読み合わせがありました。
僕も事務局の一人だったのでお昼から参加し,みなさんの原稿に修正案(いちゃもん)を考え続けました。

…け,結局,すべての原稿をレビューし終わったのは21時過ぎです。
実に9時間以上も打ち合わせを行ったことになりますね。

うちの研究室は人数が多いのでコンセンサスをとったり,意見を集約することが難しいこともあります。
でも,こういう時にはさまざまな人がいろいろな立場から修正案を出すので,非常に多角的かつきめ細かいチェックが可能になります。

スケールメリットというのは大げさかもしれませんが,多くの研究生がいるメリットを実感できた一日でした。
達成感もありますが,これからメンバー全員が修正案を反映させるために個別で執筆やコミュニケーションをとっていくので,本番はむしろこれからかもしれません。

でも参加されたみなさま,ホントにおつかれさまでした!
ステキな内容の書籍にするため,もう少しおつきあいくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です