祝!出版!ラグーナ出版!

昼の間はだいぶ暖かくなり、春の到来を感じさせてくれました。
寒く厳しい冬はいつかかならず終わり、暖かく光りあふれる春はかならず来ます。輝く明日に向かって、一歩一歩前進あるのみですね。

みなさんこんにちは。流浪の社会人学生、土曜日担当の井上です。

日曜は修士論文の中間発表で、東京市ヶ谷の大学院でした。発表で汗かきました。月曜にはセントレアから九州は宮崎入りです。

火曜の午前中、九州経済産業局滝本局長にご案内いただき企業視察です。某大手企業の下請け工場から転身、黒ニンニクの製造販売を手がけられておられます。地元宮崎県産のニンニクにこだわっていて、リピート率も高く、人気のようです。有限会社籾木工業 http://momiki.com/

その後、坂本先生と、局長は時間の都合で講演会場へ直行されましたので、学生だけで抜け駆けしてあこがれの珈琲館へ。


すばらしい接客、すばらしいスタッフさんに感動

入った瞬間から感じる店内の空気(雰囲気)の良さ、きめ細かな気遣いを感じます。たとえば、ビュフェ形式で何度おかわりを(美味しかったのでつい…)取りに行っても、残り少なくなっているお皿は1つたりとも見付けることはできません。スタッフさんを呼ぼうかな、と思ったときには近くに来ています。帰りには、スタッフ総出で外に出て手を振ってのお見送り。ジーンと来る忘れられない映像です。

その後、都城駅付近へ移動し、坂本先生の講演です。九州経済産業局などが主催された「キーパーソン都城stage」というもので、九州の元気さ、活発さを感じさせてくれます。


講演後は、すぐに鹿児島へ向け移動。

鹿児島へ移動し、ラグーナ出版さんへ。経営誌「理念と経営」の取材に立ち会わせていただくことができました。涙あふれる感動の対談でした。どのような記事になるのか、とても楽しみです。


表紙撮影の図^^

そのラグーナ出版さんから、書籍が出版されました!感動です。T_T


「古典に学ぶ経営の本質」 赤岩 茂 著

「はじめに」より抜粋
~~~~~~~~~
今回ラグーナ出版をご紹介いただいたのも(坂本)先生である。本書は私の基本的な考えを前面に出した、きわめて私的でわがままな本である、だからこそ、一個の哲学を持った出版社から出版したいと考えた。この意味で、ラグーナ出版は一番主旨に合致したところと言えよう。
本書が読者の人生や経営の本質を探究するための、さらに幸福になっていただくための一助となれば著者としてこれに勝る喜びはない。
~~~~~~~~~

赤岩先生は、坂本先生からラグーナ出版さんを紹介されたとき、二つ返事で快諾され、自費出版されたと伺っています。「今、自分ができることで応援する。」ということが、さらに強く胸に焼き付きました。できることはそれぞれ異なりますが、小さな活動であっても1人の実践者になることはできます。

坂本先生「経営者の手帳」より・・・
No93 「私たちがやらない、やれないよいことをしている人を見つけたら、私たちがやることはその人を支援してあげることである。」
No94 「正しい企業に対し、私たちができることの1つは、その企業の顧客になることである。」

もちろん、本書の内容も素晴らしいものです。
みなさんもぜひ、お手に取ってみて下さい。
Amazonで購入できます→こちらです

井上竜一郎

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です