うれしい電話

こんにちは、三橋康司です。

3月目前なのに、なぜ…。
と思うほど冷える日が続いています。
しかし、さすが。
体は慣れているようで、この寒さにも順応できて
いるようです。

皆様は元気にお過ごしでしょうか。

さて、うれしい電話がありました。
大学院に同じ時期に入ったW君からでした。
論文を提出し、口述試験を終え、修了との連絡
でした。
また、今後の進路も定まったようです。
とてもうれいしい連絡でした。

というのが、一時大学院へ来ない時期があった
のです。

僕は何度か会う機会があり、教授や学友のメッ
セージをその都度伝えました。

『今までやってきたこと』と『これからやりたいこと』

多い時は月に2度あって、お酒を交わしながら語り
ました。

彼の中で論文で書きたい内容が定まり、そこから
はすごい勢いで資料をそろえていました。

そして、このような連絡をうける時
これは、体の奥からこみ上げるうれしさです。

おめでとう
そしてこれからも、共にベストを尽くしましょう。

この場を借りてW君へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です