視察に思う

お彼岸に入りあと少しで暖かな日がやってくるのではないかと
心待ちにしているこの頃です。

昨日は仙台に行っていました。雪の降る時間帯もありました。
私達静岡に住んでいる者が「寒い、寒い」と言うのはちょっと我慢が足り
ないのではないかと 考えさせられました。

もっと強く、たくましくいなくてはいけません。

20日、21日と企業視察に行かせていただきました。
そんな時常に思うことは「企業努力」です。

企業様は従業員の皆さんに仕事のやりがいについて様々な形で告知を
しています。
仕事は自分だけのために行うのではありません。
仕事の目的も自己満足ではありません
このことはよくわかっていますが、その告知については様々な方法があることでしょう。

今回の視察ではその「仕事の意義」について思いを巡らしました。
わが社ではもっともっとお客様の笑顔を工場の皆さんに見せてあげたいもの
だと思いました。

また、自社にできる「CSR」についても考えさせられました。

自分たちの営業活動には関係ないところで、地域の皆様に喜んでいただけること
をもっと考えたいと思いました。

枠にはまらず、各方面から従業員満足、顧客満足を考える良い視察となりました

今日から少しづつ実行していきます。
平松

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です