第二回大賞表彰式

昨日「日本でいちばん大切にしたい会社」
大賞式典を記念して、特別講演を
伊那食品工業の塚越寛会長が
おこないました。
塚越氏の年輪経営、社員教育、CSR活動など
経営者の鏡ともいえる講和でした。
何回聞いても感動するお話です。
特に社員教育を徹底するために「教育勅語」
を教えることには見事だなと感心しました。
今日では「感謝、礼儀、挨拶」等、
当たり前の事が出来ない人達が多いのです。
家庭、学校、近所の人達から
日本人としての誇りある人間教育が
失われてしまったからでしょう。
全く新鮮な言葉に感じ、流石だな“と頷きました。
因みに「教育勅語」をWikibooksを見れば
ごく当たり前の事が書かれているのです。
皆さんも改めて理解しては如何でしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です