「白雪姫プロジェクト」を応援して下さい!

今日はとても良い天気ですね。4月に入っても朝晩はまだ肌寒く、昼間でも風が冷たい日もありますが、桜が咲き、草木が芽吹き、風のにおいもどんどん春になっていきますね。
本日は、坂本先生と、ゼミ長&副ゼミ長で、今年度のゼミ運営についての打ち合わせがあるので名古屋から東京に出て来ました。外堀通りの桜が見事ですね~!

みなさん、こんにちは。おひさしぶりです。
そうです。土曜担当、流浪の旅人院生、井上です。

3月31日、東京で開催された、山元加津子さんの「1/4の奇跡」の映画上映会と講演会に行ってきました。5周年記念とのことで大勢の方が参加され、山元加津子さん、使命をもってこの映画を作られた入江さんやNPOハートオブミラクルの岩崎さんの、感動のお話を聴くことができました。

4月1日より、あるプロジェクトが始動しました。名称を「白雪姫プロジェクト」といいます。坂本ゼミでも応援している、山元加津子さん(通称かっこちゃん)が立ち上げられました。実は私も、ひょんなことからホームページ制作のお手伝いをさせて頂いております。

植物状態といわれ、意識がない、意思がないと思われている方は沢山おられると思います。そういった方すべて100%にはあてはまらないこともあるかもしれませんが、多くの方に意識があり、思いがあること。植物状態=意識不明、無意思、ではないこと。そして、コミュニケーションを取る方法があること、回復の可能性があることなどを、世の中の1人でも多くの方に伝えていく、というプロジェクトなのです。

意思があったのに、沢山伝えたいことがあったのに、何年も何年も気づいてもらえずにいる方がたくさんおられます。ゆっくり少しずつでも治って行く可能性があるのに、あきらめられてしまっているかたも沢山おられます。

あなたがもし、今日突然、植物状態と宣言され、意識があるのにどこも動かせず、思いを一切伝えられなくなったら…。家族や友人にあきらめられてしまったら。ベッドの周りで、医師や、家族や、親しい人たちが、「もうだめだね…」といった会話が聞こえる。想像するだけ胸が苦しくなります。

そのような辛い状態になったとき、誰が悪いのか。医師?家族?…そうではなく、知らないことこそが問題だ、と山元加津子さんは言います。意思伝達の方法や治癒の可能性を知っているあなたが倒れたときには、すでに周りの人に伝えることはできませんよね。だから、多くの人に知って頂くことが重要なのです。

まばたきや、口や指が少し動くだけでも、YES、NOだけでなく、言葉で思いを伝える方法があります。そのような意思伝達の方法だけでなく、植物状態からの回復の可能性や、ご本人やご家族のブログ、寝たままにして体を立てないでおくと起こってしまう「廃用症候群」のことなど、たくさんの情報が集まっています。

これらのことを「世界中の方が知っている状態」のが目標なのです。ぜひ、ホームページを隅から隅までご覧頂き、一人でも多くの方へお伝えしてください。そして、ぜひこのプロジェクトを応援してください。

白雪姫プロジェクト http://www.shirayukihime-project.net/

よろしくお願いいたします。m(_ _)m ペコリ

井上竜一郎

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。