トヨタ、農業参入へ

まるで関係者がわがゼミにいるかのような展開です。
坂本先生は常々、これからは農業、モノづくり産業が農業へ進出することで活路ありと主張されています。

なんとあのトヨタが農業ビジネスに進出するという・・・

トヨタ野菜工場 日本の製造業が誇る「もの造り」の強みを農業に生かす
http://www.sankeibiz.jp/business/news/120504/bsa1205040501000-n1.htm

ほぼ1か月くらい前、伊那食品工業へ行き、塚越寛会長のお話をお聞きしました。

塚越会長は、以前に幹部3000人が集まるオールトヨタTQM大会でご講演をされています。
http://www.kantenpp.co.jp/corpinfo/todays_schedule/html/blog_66.html

そして、その後も交流が続いているらしく、塚越会長が50年以上にわたり実践してきた「いい会社をつくりましょう」と社是を掲げ実践してきた人本主義の理念経営にトヨタが相当に啓発されてきているというのです。

曰く

「トヨタは変わりつつある。今までみたいなモノづくりでは永続できないことをさすがにトヨタも知っている。」

「たいした会社。ファンになった。」

「トヨタが変われば日本が変わる」

と絶賛の嵐でした。

以来、ずっとトヨタ関連のニュースを注視しています。
スポーツカー「ハチロク」の発売が好評など本業でも、らしさが感じられるニュースが続いていますが、

トヨタ豊田社長「自分たちの使命を忘れていた」
http://car.jp.msn.com/news/business/article.aspx?cp-documentid=6007281&ocid=tweet

東日本大震災:がれき処分場建設受け入れ、トヨタが検討開始
http://mainichi.jp/area/news/20120405ddh041040009000c.html

来春開校「トヨタ東日本学園」 東北の高卒者15人採用
http://www.kahoku.co.jp/news/2012/04/20120405t12028.htm(リンク切れ)

など企業体として、本当に変わり始めていると感じさせるものがとても多くなってきています。

そして、いよいよ農業進出だそう。
各ニュース人本主義ということが共通かと感じますが、トヨタの動きが他社に影響しない訳なく、塚越会長がおっしゃるように本当に日本は大きく変わり始めたのかもしれません。
研究室で一度視察したくなってきました。

小林秀司
——————————————————
■大阪初開催!坂本研究室シンポジウムのお知らせ ~ 6.14(木)

「障がい者の力、その可能性を考える~会社を変え、社会を変えるそのパワーはどこから来るのか」
主催:法政大学大学院政策創造研究科 坂本光司研究室

基調講演 坂本光司教授
特別講演 株式会社ミライロ 代表取締役 垣内俊哉社長
パネルゲスト 株式会社美交工業 専務取締役 福田久美子さん
       パーソナルアシスタント青空 佐伯康人代表
コーディネーター 
       坂本研究室障がい者雇用研究会 代表世話人 小林秀司

協賛 ChatWork株式会社(旧 株式会社EC studio)

日時 2012年6月14日(木) 13:30~17:45
会場 大阪国際交流センター 小ホール
参加費 無料 会場定員まで先着順で申し込み受付ています。

詳細はこちら↓
http://www.keieijinji.com/message/seminar/20120614_osaka.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です