小さな挑戦

野口具秋です。

坂本研究室に足を踏み入れ、長い付き合いになってしまった
仲間の一人に平松さんがいます。
気が合うのか合わないのか不明ですが、
ずけずけ物言う性格が真逆なのか、
さっぱりとしたオープンマインドとマッチして一緒すると楽しい。
何回も深酒をして、店員さんをビックリさせたことも
2度3度ではありません。

今日も今日とて、さりげなく話をしています。
卒業して3年目になります。
大学院時代を加算すると5年目の齢をともに過ごしています。
その一方、経営者として多忙な日常が当たり前なので、
凄いと感心させられるのです。
新たな目標「ゴール」を探していると、さらりと語ります。
ドッキリしてショックを覚えます。

2ヵ月に1回、駒込・六義園そばにあるオフィスの診療所に通います。
名古屋、静岡時代の元同僚に電話を入れました。
勤務中なのに、ロビーに降りて来ます。
役定になり、気持ちに余裕ができたのです。
春から立教大学院に通うと嬉しそう。
私の体験に学んだのです。国際部に所属したのは私の助言からでした。

少しずつ受け身に慣れてきて先が見えない状況に、
もやもや悶々とした月日が流れています。
どうにも改善されない事態に焦りがあります。
数年来決めかねていた小さな挑戦に行き着きました。
スタートして1ヵ月が経ちました。
ルーチンになるのはまだ時間と継続が必要ですが。
みんな、ありがとう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です