インドから新茶が届きました

こんにちは、三橋康司です。

渋谷での事件は衝撃的でした。
ふだん利用する駅の一つだけに、人ごとではないな
と思います。
朝霞台、Nさんのお住まいの周辺でしょうか??

紅茶がようやく日本に届きました。
現在茶葉のクリーニングや詰め作業といった出荷準備
をしております。

インド・ダージリンの茶葉です。ダージリンでも8つの茶園から
取り寄せているのですが、実際に茶葉を比較すると個性が
あります。

一番びっくりなのは硬さです。
スクープ(スコップのようなもの)ですくう際、その硬さに違い
があります。

茶の木が影響しているのか
茶園の土壌が影響しているのか
もしくはまったく違うものが影響しているのか

これから調べていきますが、ダージリンとひとくくりに考えていた
紅茶もこれだけ個性があるのです。

その土地だからこその味、ぜひとも皆様にご賞味いただきたい
です。

関心ある方はお気軽にご連絡ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

「インドから新茶が届きました」への1件のフィードバック

  1. 三橋さんはじめまして!現M2の木村です。私も仕事上紅茶を取り扱いますので今年のファーストフラッシュ、大変興味深いです!日本では一番茶が珍重されますが、ダージリンではセカンドフラッシュが最も良いとされていることなど、インド紅茶の奥深さをあげたらキリがありませんね。茶葉の硬さは、土壌の違い≒生育状況の違い、摘み取りの基準(一芯二葉を徹底しているか否か)、萎凋や発酵の度合いによって全く変わってきますよね。同じ産地なのに茶園ごとの違いが顕著だと複雑ですが面白いですね!