下町って、いいもんですね~!

暑さも感じますが風が気持ちの良い土曜日の午後、いかがお過ごしでしょうか。今日の坂本ゼミは、教室の窓を全開で良い風がそよそよと入ってきています。

みなさんどうも。はぐれ雲の大学院生、井上です。
授業は休まず出ていますが、ブログ書きは隔週になりつつあります。「もう少し頑張りましょう」の亀スタンプを貰いそうなので、もう少し頑張ってみます。

昨晩、東京は墨田区にある商店街に視察に行ってきました。「商店街活性化論」という授業の一環、私は昨年履修したのですが、今回は今年度の受講生のみなさんに飛び入りで連れて行って頂きました。映画のセットかと見まがうほど昭和テイスト超満載の商店街で、歩いているだけで懐かしさにつつまれます。路地ネコもちゃ~んと居て感激。

墨田区の活性化の活動をされている久米繊維の久米社長のガイドで商店街をぞろぞろと見て歩いていると、強烈に美味しそうなにおいを発信している焼き鳥屋がありました。するととつぜん見知らぬお父さんが「せっかく商店街に来てくれたから、1本ずつご馳走するから食べてって!」と、焼きたてのキモ焼きを全員(15人ぐらい)におごってくれました。

久米社長の「こういうときは気持ちよくおごってもらっといて、次、だれかにおごれば良い、それが下町ルール!」とのアドバイスに遠慮無くご馳走になりました。凄く美味しかったこの焼き鳥屋さんは「きくのや」という有名店だそうですが、ご馳走してくれたお父さんは、なんとその店の常連のお客さんでした。お店の方だと思っていたのでビックリ。


お店のお母さんの隣にいるのが、実はお客さんだったお父さん。

商店街の大和理事も、江戸っ子下町の気っぷの良い感じ、軽快な語り口調で楽しくためになるお話を聞かせて頂きました。商店街は色々ある組織の中でも相当に難易度が高い方だと思いますが、みごとな活性化ぶり、そして、居心地の良い空気づくりがなされていました。活性化している商店街には素晴らしいリーダーとその仲間が存在するのだということを実感できました。

こんどはゆっくり遊びに行きたいです。
先ずは「きくのや」さんで一杯かな。^^

井上竜一郎

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です