五日市物語

映画「五日市物語」のDVDが6月8日に発売になりました。

東京都秋川市と五日市町が合併し、あきる野市が誕生したのですが、この映画はあきる野市政15周年記念として制作されたものです。昨年秋に映画館で公開されたのですが、私は観る機会がなかったため、市議をしている弟が買ってきてくれました(感謝!)。

この映画の監督・脚本を担当しているのは小林仁さんという方なのですが、実はあきる野市役所の商工観光課係長をされている方です。高校生の時に8ミリ映画の制作を始め、その後も市役所職員をしながら映画制作等にも携わってこられたそうです。

また、行政の予算が厳しかったため、監督以外の出演者・制作スタッフについてもその70%は市民ボランティアで、このような手作りの本格的な映画は珍しいとのこと。主演の遠藤久美子さんはじめプロの役者さんにも格安のギャラでご協力いただいたそうです。

今度の日曜日に観たいと思います。(岡野)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です