紫陽花だより

 九州南部では梅雨入りとなった今週,庭の紫陽花も咲き始めました.
これから次々と色とりどりの花を楽しませてくれることでしょう.

紫陽花はもともと「あづさい」と呼ばれていたそうです.
「あづ」は「集まる」、「さ」は真、「い」は「藍(藍色)」の省略形
つまり、「真の藍色が集まっている花」といったような意味合いだそうです.

花言葉は「移り気」「辛抱強い愛情」「元気な女性」

紫陽花は,雨によく映えています.

                  近藤 博子

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です