これが、障がい者の力

すでに井上さん、佐藤さんが熱く紹介してくださっていますが、「障がい者の力、その可能性を考える」と題した坂本研究室で初の関西地区シンポジウムを14日に開催させていただきました。

いつもながらの坂本先生の沁みる語り、圧倒的説得力のミライロ垣内さん、多くの経営者が唸った美交工業福田さんの取り組み、共感を呼ぶ青空の佐伯さんの生き様

ご参加いただいた方は、障がい者の可能性を感じとられたものと存じます。

障害があろうとなかろうと、その命にかけがえのない大切な意味があるということが今回のシンポジウムで改めて伝えられたように感じます。

障がい者雇用をします、決断しましたという声、共感、感銘、感動したという数多くの声が届いています。
垣内さんのような方がとうとう現れたことで、時代が変わっていることを実感されたようです。

今回、このようなシンポジウムを実現できたのも、スポンサーとして協賛してくださったチャットワーク山本敏行社長のおかげです。

本当にどうもありがとうございました。

小林秀司

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です