後出しジャンケンで負けることができますか?

何かと学ぶ所が多い小林正観さんの本は文字も大きく,とっても読みやすいです。

この「無敵の生き方、みんなが味方になる」は新幹線、静岡〜東京往復2時間で読めましたが、多くの気づきをもらいました。

本をパッ!とめくった時、目の中に飛び込んで来た文字が結構メッセージ性が高かったりすることがあります。

やってみたら、思わずなるほどと思う文章が目に飛び込んできました。

「後出しジャンケンで、どれくらい『負ける』ことができるか?

私たちはいかに『勝つ』訓練ばかりしてきたか

静観さんの講演会で、片方がわざと後出ジャンケンしで負ける実験をしたところ、「5連敗」する確率は30%、「5連勝」する人の確率は95%だそうです。

この実験から、我々は「何ごとにも勝つ」ということを刷り込まれているので、わざと負けることができないように教育されてしまっていると。

「わざと負けて相手に花を持たせる」ってかっこいいなぁ!

今ふと、あの「福島正伸さん」ならそんなこと平気でやるんだろうなぁと思いました。

そんな器の大きい人間を目指したいですね♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です