猛暑とEV

昨年のゼミ海外合宿では上海国際汽車城を視察し、中国製の電気自動車(EV)に試乗しました。乗り心地はとても快適で、これからはEVの時代になるのではないかと思いました。

その後、当事業所でも日産リーフ(EV)を導入してみました。

気温が20度前後の季節は快適ですが、猛暑や厳寒の時期はエアコンを使用するため、走行可能距離が約70%程度に低下してしまいます。

このメーターでは走行可能距離が110kmと表示されていますが、エアコンを使用すると、70〜80kmと短くなってしまうのです。これで渋滞に巻き込まれたりするとヒヤヒヤもので、走行可能距離の不安感がつきまといます。

そのため、近場回りの足として使用しています。実際に使用してみると、EVの課題がいろいろと浮かび上がってきます。(岡野)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です