感動サービス

今日も朝から30度近い暑さです。

ゴーやもきゅうりもナスもトマトも暑さのために水を欲しがっていました。
人間もつい水分を欲しくなるのですから、生き物は当然だと思います。

暑い夏の間はこまめに水分を上げ続けます。

7月24日(火)は私 平松も感動の一日でした。

午前中は坂本先生初め多くのゼミ生やINGの方々がわが社を訪問して
下さり、大変嬉しく、有意義な時間をすごすことが出来ました。

その後静岡で「夏季経営トップセミナー2012」に参加させていただきました。

徳武産業株式会社の十河社長のお話は自分の体験とダブりとても涙なしには
お伺いできませんでした。

「自分の足で歩きたい」という思いはいくつになっても持ち続けるものなのですね。

講演最後のDVDは顔を血に染めて帰ってきた父親に「もう外には行かないで
怪我をすると危ないから」と言うのですが、お父さんは「歩きたい」と自分の気持ちを
伝えます。
しかし,また外に出ては怪我をするのです。

最後には
徳武産業の靴に出会い「今度は転ばない」とお父さんは笑顔で答えます

そんなストーリーのDVDでした。

価値ある仕事ですばらしいと思いました。
靴屋さんだから出来たのだろうか
お菓子屋さんは出来ないのだろうか。

いやいやそうではない。自分だって、お菓子やさんだって感動
は提供できる。そう、考えさせられたお話でした。
平松

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です