原発が必要か

こんにちは、三橋康司です。

ネコは暑さから、ひんやりしたタイル張りの地面に
べったりです。

一度でいいから、その毛皮を脱がせて、解放感を
感じさせてあげたいものです。

さて、昨日は親せきのおばさんに会いました。
会社はどうかとか、小さい頃はこんな子だったね
といった、はなしがありました。
話題は、社会問題、原発が必要かに移りました。
彼女は、少し力を入れて、”不要だ”と語りました。

それは、昨年までがんの放射線治療をしたから
こその話です。

地下二階の治療室の話では、黄色と黒の危険を
示すマークをいくつも目にしたとのことです。

そして、被ばくしたことがいつ、どのような形で人体
に影響するかが怖いとのことです。

僕は、原発の知識も体験もそれほどありません。
原発は社会に密接に結びついていて、すぐにやめる
のは経済面でのデメリットが多いと思っていました。

しかし、この話をきっかけにその考えを改める必要が
あるなと思いました。

安心して暮らせる社会の創出
これが、根本です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です