自然農法のチカラ!そして、障がい者の就農。

今日の名古屋は午前中の雨がひどかったですが、エアコンも扇風機もいらない涼しい一日でした。

みなさんこんにちは。秋の青空を飄々と行く、赤とんぼ井上です。四国合宿であおぞらさんに頂いた自然農法の米やうめぼしをいつ食べたらいいのか、本気で悩んでいます。

合宿の疲れのせいか、今日は思いっきり寝坊して、昼ご飯を食べたらまた昼寝をしてしまいました。毎日朝早くからの企業視察を1日3~4カ所、夜には交流会があり、その後2次会3次会…○次回で、毎晩3:00AMすぎまで飲んで・・・を4日間繰り返してたらめまいがしてきたので、そのツケですね。人の体は良く出来ています。

みなさんも書かれてるように、9月2日~5日、四国にゼミの夏合宿にいってきました。5日はオマケ、いや、オプションで、行ったのは坂本先生と私とSさん、MさんとMさんの旦那さんの5名でした。(Mさん、Mさん旦那さん、本当にお世話になりました!)

パーソナルアシスタント青空(http://pa-aozora.com/)さんの、自然栽培の田畑を見せて頂きました。そこで見られたのは、奇跡の田んぼ。自然農法奇跡のリンゴで有名な木村さんの指導のもと、ほんものの農業をされているのです。

写真を見て下さい。濃い緑色が、無農薬、無肥料の、奇跡の田んぼ、黄緑がお隣さん、よくある田んぼです。生で見て感動したのですが、ものすごい生命力を感じました。この稲、ふんづけても倒れません。坂本先生が仰っている「日本の再生の鍵は農業にある」という言葉が響きます。こんな農産物なら、きっと日本全国、いや、全世界が欲しがり買いに来ることでしょう。

パーソナルアシスタント青空さんでは、障がい者の就農を真剣に考えています。当日も田畑で何人もの障がい者の方が汗を流されていました。根気の要る仕事である農業に障がい者の強みを生かして助けてもらう。また、農業に携わることで、精神障がいなどは治癒に向かっていくのです。


そして、坂本ゼミで障がい者の就農についての研究プロジェクトを立ち上げよう!という話が立ち上がりました。これからの活躍にご期待下さい!

井上竜一郎

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です