「新産業創出論」を学びながら気づいたこと

 静岡SCで「新産業創出論」を勉強しました。地場産業を研究することになり私は沼津市の電線産業について調べました。電線国内第3位のフジクラが沼津市にあります。矢崎総業も沼津市に工場があり、ワイヤーハーネスは世界トップクラスです。
 フジクラは初代社長藤倉善八氏が1885年に絹・綿巻線を製造したことから始まります。1919年に伊豆大島に知的障がい者施設「藤倉学園」を設立します。1958年には、多摩藤倉学園を設立しています。
 矢崎総業の初代社長矢崎定実氏が1929年に自動車用電線を販売したことから始まります。1972年、静岡県天竜市に重度身体障がい者の福祉工場を開設します。
 世界に羽ばたく企業は大事なことはきちんと押さえていることを学びました。    静岡SC  中園孝信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です