社会性と経済性

坂本先生のもとに、福祉や学校、弱者救済団体からの講演依頼が殺到しているそうです。

企業経営にも優しさが求められていますが、福祉にも経済的なフレーバーが求められているのかもしれません。

企業経営側から見るのか、福祉サイドから見るのかの違いだけで、目指すところは同じなのだと思います。

損得と尊徳

経済性と社会性

その絶妙なバランスが同時成立したときに、その上位概念の幸福が持続可能な状態で現れるのかもしれません。

今日、済生丸に乗りながら、考えてみたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です