本物の芸

野口具秋です。

松井秀喜が引退する。
7月にレイズを解雇され、行く末が案じられたが最後を迎えた。
34試合1割台の打率と2HRだった。
93年に巨人入団、03年、強引にNYに入団、
20年の現役生活だった。
通算1236試合、2割8分2厘、175HR、760打点が
アメリカの成績だ。
入団直前、NYで購入したユニホームが手元に残った。

森光子さん、中村勘三郎さんが鬼籍に入った。
放浪記も歌舞伎にも行ったことは無いが、
「時間ですよ」、「平成中村座」やNY講演で身近な存在だった。
小沢昭一さんが亡くなった。本当に寂しい。
TBSラジオの番組「小沢昭一の小沢昭一的こころ」、
早坂さんを主人公に名人芸の昭和語り人は数10年間、
話術に酔わせてくれた。

今もパーキンソン病で苦しむ永六輔さんは、
言葉が思うに任せず、途方に暮れた時期、
小沢さんに言葉ではなく思う心を伝えれば
聴視者は分ってくれると説いたそうである。
不自由ながら、永さんは懸命に語りかける。
いつもラジオは永さんが聞けるTBS用を1台置いている。

年に数回帰国する大橋巨泉さん、
「帰って来たヨッパライ」の北山修さんや
久米宏さんなどTVでは見せない自由で
個性的な話を楽しむことができる。
憚ることのないトークは不自然なTVのお笑いと異なり、
遥かに高尚だと思っている。
本物の芸を持つ方が段々いなくなる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です