今年度ゼミ最終回、お疲れ様でした。

富士商工会議所ニュース1月号に坂本教授の記事が掲載されて
いましたのでご紹介します。
(昨日のゼミでも紹介がありました)

快進撃企業に学べ

「他社ブランド薬品を最も多くつくる」三重県の中心部から
かなり離れた山あいにある製薬会社のご紹介でした。
さまざまなご苦労をされ、会社立て直しをするために、次の
四つの目標を立てたそうです。

① あれもこれもではなく得意の商品への絞込み。
② 1社、1品に依存した経営から多くの優良企業との取引
への変換。
③ 単なるOEM(発注元ブランド名での製造)工場から
ODM(受注開発・受託生産)工場への転換。
④ 同社が存在しなければ取引先が困るような強い武器を
持った企業になる。

血のにじむような経営革新努力により、こうした目標は、
ことごとく実現し、「念ずれば花開く」「ネバーギブアップ」
という言葉があるが、それを証明している。
とありました。

ストーリーの先に目標をたて、その目標に向かい、さぞかし
ご努力を重ねてこられたのでしょう。
諦めず継続することの大切さを強く感じました。


富士商工会議所より撮影 1月18日

(追記 1月18日(金)静岡SC 6・7時限 CSR論  北原先生の
最後の最後の講義でした。ご経験の内容を織り込んでの
授業は、自分の職務と重なり大変勉強になりました。
ありがとうございました。北原先生どうぞお体を大切に
されますように、お疲れ様でした。)

静岡SC  土谷弘江

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。