色々やってきて・・・N

大学院の修士課程を
4年かけて卒業するNです・・・

この4年間で中国には20回程訪れており
合計で約2年間滞在した事になります。
なので半分の2年間で卒業すると考えると
少し心が楽になります(^^)甘えですね・・・

この間中国関係で色々な事に挑戦してきました
大きく成功せず途中で見直し・凍結というモノばかりで
成果はありませんでした。

最近は、中国でモノを売る事から
中国から仕入れて日本で売るという方向に
シフトしまして少しだけ成果が出てきました。
貿易代行やコンサルタントを通さずに
1人で中国から仕入れる事ができるようになり
その分が価格やスピード面での競争力に貢献しています。

ただこの価格競争力は、直ぐに使えなくなるだろうし
坂本先生の言う絶対にやってはいけない競争です。
僕は中小企業でもなく、全くの素人個人です。
人より安い仕入先を見つけることに精を出すのではなく
感動サービスを考える事が必要です。

また、今直ぐには体力がなくできませんが
いずれ生産者側にまわる事も目標です。
人とは違う商品を見つけて販売できたとしても
それはその瞬間だけ違う物であってこの情報社会、
明日には誰かが仕入れている危険性があるからです。
今よりも更に、ネットや物流インフラが発達し
FTAやTPPで貿易が促進されれば
産地直送が国内にとどまらず国外からも行えるように
なるでしょう。その場合僕の様な弱小商人に仕事は
残っているのでしょうか??
最近は年末から始めた輸入ビジネスを通して
色々と勉強しながら考えさせられる毎日です。
ですが、その考えている時間がとても幸せに感じられます。
冒頭の中国でやってきて途中で凍結してしまったモノと
連結させるアイディアも思いつきワクワクしてしまいます。

坂本ゼミで中小企業がやるべき事、やってはならない事を
学んできているので常にそれを頭の中に置きながら
今後の道を進んで行きます!!
そしていずれ、もう一度アジアに勝負をかけます!
これは夢ですから・・・。あきらめない

最後に一曲

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です