金沢紀行

 仕事で20年ぶりに金沢へ来ました。大きな変容に驚きました。
2015年春には北陸新幹線が開通し、東京から2時間30分で着きます。
活気が感じられました。
以前来たときは、急行「能登」の寝台列車でした。
バスの窓から尾山神社、香林坊、旧制四高、犀川を見ると懐かしく思い出しました。
近江町市場や香林坊を見学したいと思いましたが日帰りの旅でしたので次の機会にしました。
     
 さすがに芸術の都です。噴水で「ようこそ金沢へ」と書いてありました。

     

 室生犀星の「ふるさとは遠きにありて思ふもの そして悲しくうたふもの…」をくちずさみながら帰ってきました。
                        静岡SC 中園孝信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です