たまたま客とわざわざ客

こんにちは、三橋康司です。
新社会人・学生の姿も少し慣れて見えてきました。
皆様にとっては、待ち遠しいゴールデンウィーク
かもしれません。

ゴールデンウィークは、サービス業にとっては大切
な稼ぎ時です。
一方で僕はインドの紅茶、ダージリンの春摘み茶
が日本に到着するので、出荷準備です。

100人いれば、100通りの過ごし方がありますね。

今朝の日経の社説に乗っていましたが、地域の
個性・特徴をもっと出してはどうかという意見には
賛成です。

最近は都市部を中心に、きれいな大型の商業施設
が増えております。

一方で、それぞれが似たような作り・店構えとなって
おり、わざわざ行きたくなる部分が弱いのです。

商店街活性化論で坂本教授から教わった、
たまたま客かわざわざ客か
の違いです。

わざわざ音連れたくなるエリアとなるために、
もっと文化やオリジナリティーを出していくことが
求められているようです。

最近は、地域に限らずブランディングに興味があります。
参考文献で良いものがあれば、ぜひとも教えてください。

並行して自分の個性も磨き続けねば、と思う水曜日です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です