天竺と空爆と地震

はじめまして、M1の荒尾と申します。
これから毎週日曜日、こちらにお邪魔させていただきます。
どうぞよろしくお願いいたします。

書く内容に思案していたら、あっという間にこんな時間になってしまいました。
このGWは外出もせず、取り立てて書けるようなニュースもなく、困っています。
そんな時は知人の話を書きたいと思います。

高校時代の後輩が、いまラダックを旅しています。
ラダックとは、インドのジャンムー・カシミール州の東部地方の呼称です。
なんでそんなマイナーな地名を私が知っているのかというと、wikipediaに書いてありました。
wikipediaには何でも書いてあります。
人間の体の約70%は水分でできているそうですが、私の出す情報の90%はwikipediaでできているかもしれません。

話を戻しますが、後輩の動向はfacebookで逐一チェックできるのが感動的です。
ラダックとはかつて三蔵法師が旅した天竺の地。
そんな別世界と思える遥か異国の地にあっても、今ではweb環境があるということです。
西遊記の時代から13世紀あまり、世の中もずいぶんと発達したものです。

しかし、その後輩が以前アフガニスタンを旅した時は米軍の空爆があり、彼が中国の深圳で勤務していた時は四川大地震がありました。
これから数日間、否が応でもインドのラダックに注目してしまう私です。


こんな感じの山道を車で移動しているそうです


こんな感じの高僧がヒッチハイクで乗車してくるそうです

みなさま、明日も良い休日をお過ごしください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です