GW最終日の学び

皆さん こんにちは

月曜日担当の武田和久です。

ゴールデンウイーク最終日はいかがでしたでしょうか?

私は最終日は今、通っている「ポジティブ心理学」の
セミナーでした。

ポジティブ心理学は人や企業の幸せを科学的・論理的に
考えるというものです。

講座の中ではもちろん坂本先生の本も素晴らしいと絶賛して
紹介されています。

そんな中で今日はアメリカから

「ロバート・ ビスワス=ディーナー博士」

を招いてのセミナーでした。

企業の中で、幸せを感じるためにどんなことが必要か?
や実際のアセスメントを用いての実践的な内容でした。

博士は

「大きな企業の事例だと、そこだからできたんでしょ!
 とみんな思いますよね」

ということを前提に、実際にはあまり有名でない企業でも

「たくさんの人が、その会社で働きたい!」

と言われる企業などいたるところにたくさんの事例がありました。

でも一番印象的だったのは、企業だけではなく、いろいろな証明を
するために、マサイ族の幸せ度を図った博士のエピソードでした。

調査しようとしても全く無視のマサイ族で、仲間になるために
通訳が「やめたほうが良い」といっても関わらず、真っ赤に熱した棒を
胸に9回押し当ててもらい、マサイ族と同じ仲間だということを
証明したこと。

実際の胸に真っ赤に燃えた棒を押し当てている写真も
ありました・・・

その後はマサイ族も仲間とみなし、それからは全ての問いに対して
100%の回答だったそうです。

自分が調査するのにそこまでできるだろうか・・・

驚きと新たな学びのGW最終日でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です