課題もあるからやり甲斐もあるGW視察(表敬訪問)第三弾!

皆様 こんにちは 佐藤浩司です。

今週は、私の障がい者雇用仲間が弁当福祉工場で、
働いているので、昔、食品製造・卸売に7年間勤務
していたことを覚えていて、視察に来て欲しい。

とこのことでしたので、少しでもお役に立てればと思い、
現状を教えて頂きつつ、受発注やメニュー、配達ルート、
工場内での作業内容を確認しました。

福祉工場でA型事業所なので、雇用創造のための
仕事なのですが、時間帯により、増減するのではなく、
一定の仕事を与えるためには?という課題と同時に
仕事段取りが変わり、皆が良い意味で楽(一定)に
なる仕事はなにか。知恵を出さなければならない。

彼らは配達後の午後からの仕事やや余裕があるため、
以下をまずは、以下を提案させて頂いた。

・味噌汁の改善
 *具とネギと方法の改善
・できるかぎり前日発注
 *当日の誤受注、誤配送を極小化
・定期発注
 *仕入先との関係をより良くし、より良い食材の調達
・アンケートを取ってみる
 *改善事項や、メニューの要望を伺う。
 (このメニュー(ランチ)だったらいくらまでOKか?)

以上を改善すれば、次の課題(
ターゲットの選定、メニュー改訂)
実行するのは、彼らです。

良くなることを祈っております。

別件ですが、大阪が本拠地で全国に展開する
カトープレジャーグレープさんへ表敬訪問させて
頂きました。

グループで2000名を越えるため、現人事部長の
松下様が加藤社長に理解を得て、障がい者雇用に
ご尽力し、現在では、約30名の障がい者
(主に知的)を雇用しています。

前回インタビューのとき松下部長が
「社内雰囲気が優しくなった」と
心からおっしゃっていたのが印象に残っていて、
それからファンになりましたが、今回は全重協にも
加盟し、特例今子会社の準備も進めているそうです。

素晴らしい!

話は変わりますが現在の全重協のある地区の
ブロック長から、
「初代の大山会長より、意図が変わって来ている」
との話しも伺った。

今日、全重協の総会でもあるので、その当たりの
整理がなされると良いかな。と個人的には思っています。

さらなる職域開発をお手伝いできるよう日頃から、
磨きをかけなければ、何でも積極的にかかわらないと
いけないな。と勇気をいただいた充実の連休でした。

おかげ様で、ブログ掲載100号になりました。
まだまだ諸先輩で、継続していらっしゃる方も
多くいらっしゃいます。

障がい者雇用を中心に皆様にお役に立てるブログを
掲載して行きたいと思います。今後ともご指導ご鞭撻の程
よろしくお願い申し上げます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

「課題もあるからやり甲斐もあるGW視察(表敬訪問)第三弾!」への1件のフィードバック

  1. 佐藤さん
    おはようございます!
    会計・経理を中心に会社全体をサポートされていらしゃる様子。。
    会計業務を中心に色んな会社を指導されているお立場から会社訪問して指導までできること素晴らしいなぁ!!
    たぶん、身障者雇用についてのノウハウを特にお持ちなのでしょうね。