ディズニーも人本主義の理念経営

先週、いい会社づくりの指導をしている会社の社員旅行&社員研修に参加してきました。
行先はあのディズニーランド。
研修はディズニーアカデミー主催のディズニーゲストサービスフィロソフィーを学ぶというもの。

2時間あまりの内容ですが、ディズニーがどのような考え方で経営され、人づくりをしているかということを分かりやすく伝わってきました。

研修を受けて感じたことは、ディズニー、すなわちオリエンタルランドは人を大切にする会社づくりを徹底して取り組んできたということへの再認識でした。

二人のインストラクターが交互に掛け合いをしながら、そして全員参加を意識した、まさしくショーのような研修でした。
冒頭から、私たちは企業理念を大切にしているということから研修がスタートしました。大切にしている理念とは、ファミリーエンターテイメント(親と子が一緒に楽しめる場所)の追求ということ。

そしてその理念を実現させるために行動規範が定められています。
それはとてもシンプルです。

S Safety・・・安全
C Courtesy・・・礼儀正しさ
S Show・・・ショー
E Efficiency・・・効率

この4つ、頭文字をとってSCSEと彼らは呼び、心から大切にしています。
これを浸透させていくために日々、大変な努力をし続けていることがうかがえました。

ディズニーの人づくりはウォルトのIt takes peopleに集約されます。
夢を現実のものとするのは人であるという意味です。

だから一番大事なのはキャストと呼ばれるスタッフ一人ひとりです。
キャストがハピネスであることこそがゲストのハピネスになるという想いが強く反映されています。
人を大切にする経営が愚直にディズニーでは貫かれてきたのです。

そしてそれを伝承するためにいちばん役割をになっているのが現場の先輩なのです。
先輩はゲストを迎い入れるように新人キャストを迎い入れるということでした。
そして、褒める企業文化を醸成させることに熱心に取り組んでいるのです。

ほかにも人本主義の理念経営の経営らみられる特長が随所に感じられました。

研修を終わった後に、参加した会社の社員の方から、小林先生のこれまでの指導のおかげて7割くらいはわが社も出来ていると感じましたと言ってくれました。誇らしかったです。
社長もやってきたことへのさらなる手応えを感じておられるようでした。

研修の後はディズニーランドホテルでパーティ。
なんとなんとホンモノのミッキーとミニーがサプライズ乱入してきて大変な盛り上がりとなりました。

社員のお子さんたちもたくさん参加して幸せ感満点の時間でした。
ディズニーに勝るとも劣らない会社になってきていると本当に感じました。

小林秀司

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

「ディズニーも人本主義の理念経営」への1件のフィードバック

  1. 小林さん
    こんにちは!
    感動の社員旅行&研修に参加されたこと、素敵な体験だったと思います。
    僕も以前、ある会社が主催するディズニランドの魅力ツアーに参加したことありますが会場にミッキーとミニーが現れた時には騒然としました。
    あの2人?が底にいるだけで男性でもワクワクする魅力を持っているのでしょうね(^^)