「ダイバーシティ企業」トップ200

日曜日担当の高澤です。

東洋経済が行っている最新「ダイバーシティ企業」トップ200が公開されました。
これは企業が女性や障害者、外国人など従業員のダイバーシティ(多様性)を考慮して、どのくらい推進しているのかという調査を行っています、特典を加算して合計点数で評価しています。

最新「ダイバーシティ企業」トップ200

トップは東芝で総合得点は94点でした。同社は基本姿勢、多様な人材など3部門で満点とバランスよい政策を進めています。

この調査は大企業が対象ですが、中小企業でも行うと面白いかもな、って考えてみました。
坂本研究室でもダイバーシティに関しては調査してみたいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

「「ダイバーシティ企業」トップ200」への2件のフィードバック

  1. 高澤さん 
    こんにちは!
    >ダイバーシティ企業
    初めて聞く言葉です。
    東芝が最高得点とのこと、後に続く企業が気になりました。
    >坂本研究室でもダイバーシティに関しては調査してみたいですね。
    興味ある結果が出るかもしれないですね!!

  2. 村田さん、
    おつかれさまです、高澤です。
    僕も今まで知りませんでした…
    これを中小企業に応用できたらな、と思います。
    今度提案しましょう。