梅雨

 梅雨なのに今年は意外と雨が少ないではないか?
 沖縄ではもう梅雨はあけたというのに・・・・・・。
 空梅雨となるのか、それとも今後に「土砂降り」ありか。

 雨を待つ人
 隣のおやじいわく、田植えは終わったが稲が育たんと。

 反対の人
 屋根上の自家用ソーラー発電で、電気代を賄う家庭の主婦。

 ・ 最近、メガソーラーを設置して売電をしませんかとよく聞く。
   一昔前なら電気を売るなんて、考えてもみなかったことだ
   が、世のなか変わったもんだ。 
   そうしたことから、私は本年3月に取りあえず広い倉庫の
   屋根に設置する方向で申請だけ行った。

   営業マンはいう。 次年度(4月以降)の契約だと売電単
   価が安くなるからと・・・・。 やはり正確な答えのようです。

   預金利息が僅かな今、メガソーラーへの投資利回りは意
   外といいようです。

                               ヤマウチ
   

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

「梅雨」への2件のフィードバック

  1. 山内さん
    こんにちは!
    やっぱり日本全国降水量が下がっているようなので恵みの雨は必要かと!
    我が家も2年半年前に太陽光パネルを屋根に設置してありますが、今のエアコンを使わない時期が使用量よりも売電量が上回るのが嬉しいです(^^)

  2. 坂本先生へ
    ソーラーパネル付けられたんですね。
    太陽光発電は、日本では 1Kwh  42円で電力会社が家庭で使う
    電力の余った分を買い取ってくれる・・・とか。(確か20年ほどの期限
    つきだったと思います)
    北海道などの風力発電では。エコエネルギーが北海道全体で使う
    電力より多いそうで、その場合は電力会社は家庭で余った電力を
    買い取らなくても良いそうです。
    或いは、送電線がいっぱいで売電を買い取ることができない・・・とか。
    それなら、本土に電力を送ればよい・・・と。
    いま北海道と本州を結ぶ送電線が細いため、大量に電力を
    送電することはできません。
    世界で一番ソーラーパネルの発達しているドイツでは、
    ソーラーパネルの生産を縮小しているそうです。
    家庭でソーラー発電で自己消費以上に発電しても、
    電力会社は、余電力を買い取らないので
    ソーラーパネルの設置費用は回収できない。