視察

  連日猛暑日が続き、夏バテぎみになってきた。

 先日7月10日(水)、
 念願の日本理化学工業様へ視察させていただいた。

 大山会長・大山社長のお話しの後、
 工場内を案内して下さった。
  (お二人にお話しに、とても感動した)

 工場の中に入り、驚いたのは、
 思っていたより手作業が多かったことと、
 社員の皆さんの働く姿(動き)が美しかったこと。

  なぜ、そんなに心が動いたか?
  そこで働く社員の殆どが、障がいをもった方なのに
  それを全く感じなかったからだ。

  そして、少々疲れていた心身に元気を貰った。

  日本理化学工業の皆様 
  お忙しい中、本当にありがとうございました。

  M1 吉田

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

「視察」への1件のフィードバック

  1. 吉田さまへ
    日本理化学工業って素晴らしいですね。
    それは、会長・社長の経営方針なのでしょう。
    障害と言っても多種多様。
    それぞれの障害にあった働き方を提供する・・・・
    一部上場企業が率先して、障害者の雇用率を高めていかなければならないのに、ペナルティの税金を余分に払うことで胡麻化している。
    これからの日本は、エリートばかりのより好みをしていては、
    労働者2人で1人の老人を支えていかなければならない。
    それは少し無理がありますね。
    派遣が30%を越したそうで、年収200万円以下の若者に
    老齢者の医療費・介護費・年金などなど
    少し考えれば、若者にその負担を求めるのは無理があると
    解りそうなものを・・・・。
    だから、消費税を上げるのですかね。
    日本人には、世界でも一流のロボットを作る
    技術者がいる。(車のラインで自動溶接をしているのは日本が開発したロボット)
    中国人や韓国人が作れる或いは、模倣できるようなものを
    つくっていては、日本の将来はない。
    GDPで中国が日本を抜いたのは2~3年前。
    悪いことをしている上級役人は金を持っているが、
    一般の中国人は年収7万円だとか。
    計算があいませんね。
    人口が13億人で、日本1億2千万人。
    おおざっぱに計算しても、中国人の年収は45万円はないと
    GDPで日本をこせませんよね。