週末にブルーベーリー採りに行ってきました

週末は、東京から前の会社の同僚達が遊びに来てくれたので、今が旬の「ブルーベリー採り」に行ってみた。
昨年より、富士市では「ブルーベリー共和国」という観光資源化への地域コミュニティが発達している。
ブルーベリー共和国とは。。
『富士市の大渕・今宮・岩本地区の8軒の農家があつまってブルーベリーの魅力を発信していきます!2012年6月6日建国しました。今後、観光客の受け入れや商品開発など積極的に活動していきます。』HPより
どちらも予約が必要ということで、HPの見えかたなど、メディア戦略の上手な順に予約の電話をしてみたところ、数件は、観光バスがなど集団客が来るとのことで断られてしまった。
そこで情報は少ないが、ある農家で予約をさせていただいた。対応をしていただいたのは、年配のご夫婦が営むブルーベリー畑。ご自宅の裏側に位置し、お客は我々だけでした。
富士山が一望できる農園で、採れたての旬のブルーベリーは美味しかった!
終了後には、農家の軒先で申し訳ないぐらいの採れたてのスイカや、採れたての夏野菜を沢山頂戴してしまいました。この温かいおもてなしに一同感動し、また行きたいなと思いました。
杉田

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です