新しい商業施設 秋葉原にオープン

  
 こんにちは、M2の宇佐美です。

 もう、先々週のお話ですが、7/5に秋葉原に「ちゃばら」と言う
商業施設がグランドオープンしました。

 場所は、JR秋葉原駅、電気街口を出て右折、あの有名な
AKB48カエェを通り過ぎた
 初めての信号の角、秋葉原UDXの東横に商業施設はあります。

 JR山手線、京浜東北線のガード下になります。
 ガード下でも音は全くせず、振動もありません。

 お店は外から窓越しに中を見ると

 

 こんな感じです。
 自治体の物産館がわりのお店だったり創業200年以上の醤油屋さん、
遠くは北海道、石垣島、そして都内という事ですが、伊豆諸島、利島より
椿油のおかきなど全国からこだわりのある商品を製造、販売する
会社やお店を集めた商業施設。

 面白ショップでは慶応大学 大学院生がベンチャービジネスとして始めた
ジャンボにんにんくなど農産物を売る店もあり、メンバーの中は
実家が500年も続く農家という子もいます。

 施設の中で一番私が興味をそそられた商品、パッケージが
 面白いこんな商品、

 

 これって何だか分かりますか?

  パッケージがキューブ状で 一人暮らし用のお米のパックです。
 狭い部屋でも場所を取らず積み上げられるのがポイントです。

 こんな面白商品も幾つも出てますので、是非、商品企画・開発をされる方は
 必見です。
 思考が広がります。

 また、お客様の年齢層もまちまちで近くの企業のOlさんから
 こんなひょうきんな外国人(カナダ人・ 名前は
 ジェームス・ヘデンさん)との事。
 

 

 
  営業時間は11時~20時です。

   M2 宇佐美
 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です