本―3 

 本―3

 「舟を編む」が映画化された。
  (著者 三浦しをん  発行 株式会社光文社 
  2011年9月初版発行)
  観てみたい気はするが、この本は日本語の美しさを、
  目で(文章)追い想像する楽しさがあるような気がして、
  映画は未だ観ていない。 (観てみたい気はある)
 

 美しいと言えば、以下の本だ 
 「水は答えを知っている」
  全米でベストセラーになり、
  世界18カ国で翻訳されている。
  (著者 江本勝  発行 サンマーク出版
   2011年11月初版発行)
  
  内容は波動測定により、
  水を氷結させその結晶を撮る。
  良い言葉・音楽を聞かせた場合と
  悪い言葉・耳障りな音を聞かせた場合の結晶を比べる。
  その結果、良い音楽や感謝の言葉を聞かせた方が、
  美しい結晶となる。
  
  簡単に言うとそんな内容

  ちなみに、この本は物理学的には賛否両論あり。
  です。

  M1 吉田

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

「本―3 」への1件のフィードバック

  1. 吉田様
    こんにちは!
    自らの伝言・・・・10数年前から色んなご縁がある方に説明しています(^^)
    写真集の中に出てくる「ご飯の実験」、10年前からやっていて、凄い結果になっています。