史上最高

野口具秋です。

4日連続で40℃を越した町が現れました。
日本記録の41℃、高知県四万十市です。
おめでとうございます。といってよいのかはわかりませんが、
今回の記録を町おこしにうまく活用しているようです。
熊谷市も岐阜県多治見市も、
さぞかし悔しがっていることでしょう。
我が家のお風呂の温度は38℃で節約に努めています。
しかし風呂の温度より高いとは…。

東京国際フォーラムが有楽町に在ることは知っていました。
東京都庁跡に建設されたのでした。
「旧都庁を知っていますか?」と、47歳中年真っ盛りの
亀井省吾さんに尋ねたら「知らない」とそっけない返事。
戦後68年なのです。
ガラス張りの吹き抜けの展示会場は、熱いこと、熱いこと。
差し入れの水、アイスコーヒーを際限なく飲みます。

のぞみ号はとっても混んでいました。
兵庫県三木市は、静かな、静かな田園風景が広がる町です。
のどかな雰囲気が幼少時代を過ごした姫路を思い出させてくれます。
55年前の故郷です。30分も40分もバスに揺られたのに、
今なら10分も飛ばせば着いてしまう所になっているようです。
縁は残っていなそうです。

岸和田に一人住む母親の処に急ぎます。
43年が経過した古家は猛暑に煽られ堪えがたい暑さです。
耳が遠くなった母親と夜更けまで話します。
ささやかな料理に舌づつみ。
「1人暮しが元気を保つ」と何度も繰り返します。
半年ほどで90歳を迎えます。
疲れないように、翌朝午前中には帰路へ着きます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。