考える

     「考える」

 坂本ゼミ合宿が9月1日(日)~3日(火)まで
 島根県で行われました。
 総勢約40名、大所帯にもかかわらず、
 視察を受け入れて下さりありがとうございました。
 また、本当に心のこもったご対応には、
 感動と感謝の気持ちでいっぱいです。
 今回の視察で特に印象に残ったこと、それは
   「社員一人一人が自ら考える」
 とは何か?
 
 
 そこで、「考える」とはどういうことなのか?
 早速、本を探してみました。
 
 
 その本の最初の頁はこんな書出しで始まります。
 

  「あれこれ、考えなくちゃいけない・・・(中略)
   見えているものを見ているだけでは、
   考えることはできない・・・・(中略)」
 

  (題名「はじめて考えるときのように」 
  文「野矢茂樹」 
  絵「植田 真」 
  出版社 PHP研究所 
  2001年3月12日 第1版第1発行)

  なるほど!!進化する会社とは、その先を見ること・考えること
 

  よい会社とは、考える人が集まる場所なのかもしれません。

  M1 吉田
 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です