視察300回、事務所通信500号達成!

今月は2つのメモリアルスコアを達成。

9月1日に「いい会社」視察が300回を突破しました。

2008年6月に伊那食品工業を訪れてから、5年3か月のレコードです。
全国47都道府県、この目で五感で触れてきましたので、自信をもっていえます。人を大切にする経営がどれだけの人を幸せにして、わが国を輝かせているのか、これからも、この真実を体感し続け、世に伝道していきたい。

そして、当社の情報誌「新SVC通信」は、発行500号となりました。

http://svcnews.cocolog-nifty.com/blog/2013/09/svc-bbae.html

第1号を出したのは2003年9月1日でしたから、実に丸10年間、毎週発行し続けたことになります。年末年始とGW以外は一度も欠かさずに書くことと、発信することを続けてきました。

最初は、激増する個別労働紛争に警鐘を鳴らすことが目的でした。かなり突っ込んだ実務面のことも書いています。やがて、人生観を変える出会いがあり、その後の数々のご縁のおかげて、今では決して労働トラブルが発生しない健全職場づくりのための啓蒙情報誌となりました。

「いい会社」はどんどんバージョンを進化させていると感じています。少し先の近未来では、もう「会社」という概念ではとらえられなくなってくるのではないかと強く感じています。

新しい社会の黎明期、これからも現場主義を貫き、最先端では今何が起きているのか、そして、多くの人々が持続的に幸せになっていくための生き方、働き方とは何か、自分なりの言葉で紡いでいきたい。

小林秀司

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

「視察300回、事務所通信500号達成!」への2件のフィードバック

  1. 小林さん  こんにちは!
    視察300回、事務所通信500回投稿達成おめでとうございます。
    延べ300社の訪問によって小林さんなりの「日本を大切にしたい会社」像が出来上がっていると思います。
    やはり現地に行って、トップのお話しを伺い、五感で感じることって非常に重要なこと。
    坂本先生のように伝道師として活躍することを心よろお祈りしております。
    「元気な社員がいる会社のつくり方」パート2の出版、近そうですね(^^)

  2. 村田さん
    いつも心温まるコメントをお寄せくださってありがとうございます。
    考えれば坂本研究室もこの数年間で日本有数のシンクタンクに成長していると思います。
    世界平和のためにわれわれの活動の渦を高く広げていきましょう。