大卒就職者の離職率 約3割が3年以内で離職

こんばんは、今回は情報提供です。

何かと企業診断のモノサシとなる離職率についてです。

先生の言う、本来の離職率(年始と年末を比べる離職率)ではございませんが
七五三形式の最新版なのでご参考まで。

厚生労働省は先月29日、2010年3月に大学を卒業して就職した人のうち、3年以内に仕事を辞めた人の割合は、前年同期比2.2ポイント増の31%だったと発表しました。

 同省では、高校や大学などを卒業し新卒採用された若者の離職率を調べており、2010年に就職した若者のうち
3年以内に辞めたのは、大学を卒業した人で31%、高校卒業で約39%、中学卒業で約62%に上るとしています。就職したのは前年同期より6万人以上少ない36万5500人で、うち11万3390人が3年以内に離職しました。

 大学卒業の若者の離職率を業種別に見ますと、最も高いのは宿泊業・飲食サービス業で、51%と去年の調査を2.5ポイント上回っており、次いで、教育・学習支援業が48.9%、生活関連サービス業・娯楽業が45.4%となっています。一方、離職率が最も低かったのは、電気やガスなどのライフライン産業で8.8%、次いで鉱業・採石業などで13.6%、製造業が17.6%となっています。

 同省は、新人を定着させる体制が弱い産業があるとして、なぜ離職率が高いのか、業種ごとの分析を進めるとしています。
 おもしろい情報なので下記ご参考まで。

詳しくはこちら(厚生労働省)
http://www.mhlw.go.jp/topics/2010/01/tp0127-2/12.html

安藤貴裕

村田光生 へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。

「大卒就職者の離職率 約3割が3年以内で離職」への1件のフィードバック