ごみ

M1 村田光生です

「ゴキブリだんご」で高収益を上げている「タニサケ」の、お客様向け会報掲載されていた記事。

この文章を読む度に、「自分はなんにもできていない」ということに気が付かされます。

現在、わんちゃんお散歩時には、なるべく拾うようにしていますが、

まだまだ松岡さんの足元にも及ばない状態であることに反省です。

*******************************************************************

「ごみ」 タニサケ会長 松岡 浩 

毎朝、会社周辺の道路の清掃をしていて気づいたことがありました。  

それは、落ちているごみに対して色々な人がいることです。

① 道路のごみに無関心で全く気づかない人。

② 道路のごみを見て「ごみを捨てるバカな人がいる」と言うだけで拾わない人。

③ 道路のごみを、誰かに言われて拾う人。

④ 道路のごみを、周りで人が見ているからと拾う人。

⑤ 道路のごみを見て「街の恥」「日本の恥」と思い拾う人。

⑥ 道路のごみを見て、自然体で拾える人。  

私は、歳とともに、ごみを拾う勇気が出てきましたが、

今の段階は④か⑤で、まだまだ⑥には程遠いです。

(株)イエローハットの創業者の鍵山秀三郎さんの「ひとつ拾 えば、ひとつだけきれいになる」の名言と「高い理想をかかげながらも、足元のごみを拾うことをおろそろかにしない」の森信 三先生の教えを胸に、私はごみを拾い続けます。

********************************************************************


(株)タニサケ ホーム・ページ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。