和を尊ぶ

 日本人初の国際宇宙ステーション船長となる、若田光一さんら
 3人が登場したロシアのソユーズ宇宙船がバイコヌール宇宙
 基地から打ち上げられ、6時間後には高度約400キロにある
 ステーションにドッキングした。と、いう。

 若田さんは来年5月までの約半年間、長期滞在する。
 堅実な技術力とチームの「和を尊ぶ人間性」で船長に選ばれた
 若田さんが、無事任務を完了することを望みたい。

 若田さんはステーションの日本実験棟「きぼう」で医学や科学の
 実験や、小型衛星の放出、高解像度4Kカメラによるアイソン
 彗星撮影などの作業を行う予定と、と、いう。

 そして、帰還までの2カ月間船長を務める。という。
                      (11.10、静岡新聞より抜粋)
 「和を尊ぶ」という姿勢は、いかにも日本人らしく、すばらしい。

 (ヤマウチ) 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

「和を尊ぶ」への1件のフィードバック

  1. 山内さん
    おはようございます!
    テレビの特集、僕も見ました。
    日本人最初の船長として立派に任務をこなして欲しいです。